自動販売機を設置したいときは?

自動販売機の設置には、大きく2つの方法があります。

① 自動販売機を購入する方法

自動販売機本体をご自身で購入しようとすると、価格が30万円ほどかかります。また、本体購入後も商品の補充・売り上げの管理・ごみの処分など、全て自分で行う必要があります。
自動販売機で販売する際に免許が必要なタバコなどを売る場合や、1つあたりの購入金額が高い商品を売る場合には、自動販売機を購入して販売するケースが多くみられます。

② 業者に依頼して頼む方法

業者にすべて依頼することが可能なフルサービス方式では、設置費、初期費用、保証金などが一切かからず、商品の補充から、管理、容器の回収まですべて業者が行います。場所の提供だけで副収入が得られるので、設置しても手間がかからずに自動販売機を置くことが可能であり、設置する際のリスクが少ない設置方法です。

自動販売機の報酬について

first-img1自動販売機の報酬は、メーカー担当者と話し合いの上決定致します。その後、メーカー担当者が毎月の売上額を確認し、その月の売上額から一定の割合を販売報酬として受け取ることができます。
つまり、場所を提供するだけで、毎月売上額の一定の割合が副収入として得られることとなります。
具体的な報酬額や各飲料の販売額については、立地条件等、様々な要素が考慮して決定いたします。

設置後にかかる経費は?

af8b69f52ca3ad2c361af5a90cd115f1_s自動販売機を稼働させるためには電気が必要なので、自己負担として少し電気代がかかってきます。
電気代は、季節によっても変動しますが毎月2,000円程度かかります。
副収入として考える場合には、一日数本~10本程度売れる見込みがあるところに設置するとよいと思います。
また、最近ではLEDの自動販売機が普及により電気代の削減が可能であったり、夏と冬では電気代も異なるので、設置する地域や設置する指導販売機の大きさ、機種など、どのくらいの電気代が年間でかかるのかもチェックすると良いと思います。

設置したい場所でどのくらい売れるのか?どのくらいの電気代負担があるのか? 丁寧な担当者と相談してみるのがよいでしょう。

自動販売機を設置するメリット

① 副収入

電気代として負担した以外の収入は、特に何もせずに副収入として得られることができます。

② 近くに購入

収入面に加えて、自販機で飲料を購入する場合が多い場合では、仕事場の近くや自宅で天候に左右されずにいつでも好きな飲料物を購入することが可能です。また、家の周り、仕事場に設置すると夜間の明かり代わりにもなるので安全面や店舗の外灯としても役割を果たします。

 

コメントは受け付けていません。